ニュース
» 2019年05月21日 16時05分 公開

KubeCon+CloudNativeCon 2019:Google Cloud、GKEで複数のリリースチャンネルを選択可能に

Google Cloudは2019年5月21日(欧州時間)、スペイン・バルセロナで開催中の「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019」で、「Google Kubernetes Engine(GKE)」に関し、アップデートのスピードに関する選択肢の提供など、複数の発表を行った。

[三木泉,@IT]

 Google Cloudは2019年5月21日(欧州時間)、スペイン・バルセロナで開催中の「KubeCon+CloudNativeCon Europe 2019」で、「Google Kubernetes Engine(GKE)」に関し、アップデートのスピードに関する選択肢の提供など、複数の発表を行った。

 まず、Google Cloudは「GKE Release Channels」のアルファ版を発表した。この機能では、GKEユーザーが自組織のビジネスニーズや社内プロセスを踏まえ、Kubernetesにおけるアップデートのスピードを選択できるようになる。GKEでは5月中に、「Rapid」「Regular」「Stable」の3つのリリースチャンネルを提供するという。最初に提供開始するのはRapidで、Kubernetes 1.14に基づくGKE 1.14をリリースする。

 そのGKE 1.14では、2019年6月中にWindows Serverrコンテナをサポートするという。

 一方、GKEに統合されたモニタリング機能の「Stackdriver Kubernetes Monitoring」については、一般提供開始(GA)を発表した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。