ニュース
» 2019年05月22日 08時00分 公開

これからは過去問ではなく未来問?:AIが予測した司法予備試験問題の60%が的中 サイトビジットの「未来問」

サイトビジットは、司法予備試験向けにAIで予測した試験問題の的中率が60%だったと発表した。2020年1月に実施される大学入試センター試験に向けた未来問の開発も予定している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 サイトビジットは2019年5月20日、AI TOKYO LABと共同開発した「未来問」が予測した司法予備試験問題の的中率が60%だったと発表した。

 未来問は、AI(人工知能)を活用した試験問題の出題予測サービス。2019年5月19日実施の司法予備試験向けに予測した95問中、57問が的中したとしている。サイトビジットによると60%という的中率は、司法試験予備試験短答式試験の合格基準と同じ水準。同年4月29日に無料提供を開始し、試験当日までに司法試験予備試験受験者全体の22.6%に相当する2522人が利用したという。

画像 サイトビジットが提供する「未来問」(出典:サイトビジット)

試験合格はゴールではなくスタート

 実際に予測した問題のうち、的中した問題と実際に出題された問題の例は以下の通り。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。