連載
» 2019年05月23日 05時00分 公開

これから始める企業のためのコンテナ実践講座(4):Kubernetesを手元で試せる「Minikube」「MicroK8s」とは (3/3)

[矢野哲朗,スタイルズ]
前のページへ 1|2|3       

Katacodaとは

 Katacodaは、ブラウザから無料で勉強用のインスタンスを起動できるWebサービスです。インスタンスの起動後、表示されるテキストに沿って操作を学べます。

 左側に説明、右側にコンソールの画面があり、左側を見ながら右側のコンソールでコマンドを入力して操作方法を理解します。テキストは英語ですが、さほど長い文章ではないので、Google翻訳などで読みながら、学習を進められると思います。操作時間に制限はありますが、どういう雰囲気で動かすかを理解するには最適な教材です。

Katakodaの画面 Katakodaの画面

 Kubernetesのリソースという概念、そしてリソースを管理するファイルを管理する方法、スモールスタートで始めるためにどのような方法があるかを紹介しました。

 最近は、Kubernetesに関する日本語の書籍が充実してきており、学ぶハードルも下がってきています。これらのツールなどを通じて、今後インフラエンジニアの仕事を変えるかもしれないKubernetesの機能や構成管理などを理解していきましょう。

 次回は本連載の最終回として、Kubernetesを本番で実行する環境を構築する方法と、便利な周辺ツールを紹介します。

筆者紹介

矢野 哲朗

株式会社スタイルズ SIビジネスグループ シニアエキスパート

ネットワークからDBとストレージ、パフォーマンスチューニングに従事。「ownCloud」と「Nextcloud」からオープンソースへの貢献を深め、現在はコンテナに関する企画、SIに従事している。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。