ニュース
» 2019年05月23日 08時00分 公開

技術の成熟不足を懸念する声も:AIに期待するセキュリティ担当者が8割超え BlackBerry Cylance調査

BlackBerry Cylanceが全世界で実施した、AIを活用したセキュリティに関する調査によると、AIを活用したセキュリティは今まで以上に効果があると考えているセキュリティ担当者が多いことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 BlackBerry Cylanceは2019年5月21日、AI(人工知能)を活用したセキュリティに関する調査「Security Gets Smart with AI」の結果を発表した。それによると、サイバーセキュリティ担当者の85%がAIを活用したセキュリティは今まで以上に効果があると考えていることが明らかになった。

 業界にかかわらずどの調査回答者も未知の脅威を識別する精度を高めるためにAIの採用を検討している段階だった。回答者はAIを活用したセキュリティツールに対して「より効果的かつ総合的な保護のアプローチ」「脅威インテリジェンスを収集して利用する体制の向上」「感染から修復までの時間の短縮」「異常な動作を知らせるリアルタイムアラート」「既存の投資や人的アナリストのさらなる活用」を実現するものといった印象を持っていることが分かった。

実際にセキュリティツールの利用経験があるのは35%

 多くのセキュリティ担当者が、高度な脅威検知やマルウェア防御から、意思決定管理や法令順守まで、幅広い課題にAIセキュリティソリューションが役立つと考えていることも分かった。AIの採用率が最も高いのは一般的なサイバー防御の領域で、BlackBerry Cylanceによると、これは脅威の検知や防御、対処にAIを応用するアプローチの需要が今後も高いことを示唆しているという。

 同調査では、AIの応用技術やAIを活用したセキュリティツールの利用経験などについても調査した。

 まず、AIを活用したソリューションと考えられている技術は、回答が多かったものから順に「予測分析」の76.2%(複数回答、以下同)、「ディープラーニングプラットフォーム」の73.5%、「機械学習プラットフォーム」の73.0%だった。

画像 AIを活用したソリューションで回答が多かった「予測分析」(Predictive analytics)、「ディープラーニングプラットフォーム」(Deep learning platforms)、「機械学習プラットフォーム」(Machine learning platforms)(出典:BlackBerry Cylance

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。