ニュース
» 2019年05月23日 14時30分 公開

Kubernetes対応へ:「Windows Server バージョン1903」が正式リリース、半期チャネルの最新版

Microsoftは、Windows Serverの半期チャネルの最新リリース「Windows Server バージョン1903」の一般提供を開始した。Windows ServerコンテナのKubernetes対応や、Server Coreにおける互換性などが改善されている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年5月21日(米国時間)、「Windows Server」の半期チャネルの最新リリースとなる「Windows Server バージョン1903」の一般提供を開始した。

 Windows Server バージョン1903は、コンテナやエッジコンピューティング、ハイブリッドクラウドなどの分野でイノベーションが導入されている。

Windows Serverコンテナ

 大量のコンテナ管理や負荷分散を実現するオープンソースオーケストレーションエンジン「Kubernetes」が、Windows Serverコンテナをサポートするようになったことが最大の特徴。

 さらに、フルマネージドKubernetesサービス「Azure Kubernetes Service」(AKS)でもWindows Serverコンテナをサポートする予定だ。

 この他、WindowsコンテナでのGPUアクセラレーション適用や、Kubernetes 1.14と「Flannel」によるWindowsコンテナのオーバーレイネットワーキングサポートの強化やスケーラビリティの向上も実現した。

Windows Admin Center

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。