ニュース
» 2019年05月27日 08時00分 公開

「全ての情報を省略しない」で精度向上:力学原理を活用して都市浸水をリアルタイムで予測 早稲田大学らの研究チーム

早稲田大学理工学術院らの研究グループは、都市浸水をリアルタイムで予測するシステムを開発した。都市内の雨水の流れを力学原理に基づいて計算する。30分先までの降雨予報を利用して、リアルタイム浸水予測の実現を目指した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 早稲田大学理工学術院らの研究グループは2019年5月20日、東京23区で発生する都市浸水をリアルタイム予測するシステムを開発したと発表した。今回の研究成果の一部は、文部科学省委託事業「地球環境情報プラットフォーム構築推進プログラム」の支援を受けて、データ統合・解析システム(DIAS)を利用して得られたもの。同研究グループのメンバーは、早稲田大学理工学術院の教授である関根正人氏、東京大学地球観測データ統融合連携研究機構の教授である喜連川優氏と同特任准教授である生駒栄司氏、同特任助教である山本昭夫氏、一般財団法人リモート・センシング技術センター。

画像 S-uiPSにより計算された東京23区の浸水深マップ(出典:早稲田大学)《クリックで拡大》

 同研究チームの研究テーマは、東京23区がこれまでにない規模の豪雨に襲われたときの、工学的に十分に信頼がおける答えを提示すること。例えば「どのような規模の浸水が発生するのか」「浸水が深刻化するプロセスとはどのようなものか」「事前にどのような対策を講じておけばどの程度まで被害軽減が図れるのか」などだ。

概略値による計算ではなく、力学原理に基づいて計算

 同研究チームによると、最近取り組まれている都市浸水のシミュレーションは、簡便に概略値を捉える計算手法にとどまっていることが多く、現実とは異なる雨水の取り扱い方をしていたり、モデルと割り切って厳密性を考慮せずに導入したパラメーターでチューニングしたりする例があるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。