ニュース
» 2019年05月29日 08時00分 公開

6割が「仕事を続けられそう」と前向きだが:2019年新入社員の悩み「相談相手がいない」が4割 ジャストシステム調査

ジャストシステムが実施した「新卒社員に関する実態調査2019年春」によると、男性は業務量、女性は人間関係に困っていることが明らかになった。入社して約1カ月の時点で、6割近くの人が今の仕事を続けられそうだと前向きな判断をしていた。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ジャストシステムは2019年5月28日、「新卒社員に関する実態調査2019年春」の調査結果を発表した。調査の対象は、2019年4月に新卒で社会人になった22〜27歳の男女865人。調査内容は、職場での戸惑いや人間関係、目標など。

 今の職場での戸惑いや困りごとを聞いたところ、男性は業務量、女性は人間関係に困っていることが明らかになった。

 最も多く挙がった回答は、男女とも「覚える内容の多さ」で、男性の37.1%(複数回答、以下同)、女性の36.6%がこれを挙げた。だがそれに次いで多く挙がった回答は、男性は「仕事量の多さ」(28.2%)、「食事や睡眠といった日常生活の変化」(26.0%)だったのに対して、女性は「上司とのコミュニケーション」(33.7%)、「先輩とのコミュニケーション」(30.2%)だった。

画像 男女とも「覚える内容の多さ」に悩んでいる(出典:ジャストシステム

この仕事が続けられるかどうか

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。