ニュース
» 2019年05月30日 08時00分 公開

パーソルテクノロジースタッフが実態調査:「時間さえあれば」 進まないエンジニアの副業、切実なその理由とは

パーソルテクノロジースタッフの調査によると、副業を手掛けている割合は、非エンジニアよりもエンジニアの方が低く、エンジニアが副業を始められない理由のトップは「時間がない」だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 パーソルテクノロジースタッフは2019年5月28日、ITや機械電気領域で働くエンジニア922人と非エンジニア100人を対象に実施した、副業に関する調査の結果を発表した。それによると、副業を手掛けている割合はエンジニアの方が低く、エンジニアが副業を始められない理由のトップは「時間がない」だった。

 まず、副業への取り組みについて聞いた。既に副業をしている割合は、エンジニアが6.6%、非エンジニアが11.0%で、エンジニアの方が低かった。副業の準備中だという割合は、それぞれ6.9%と6.0%で、大差なかった。

 次に、副業をしようと思った(興味を持った)理由を聞いたところ、最も多い回答はエンジニアと非エンジニアのいずれも「本業の収入の他に収入を増やしたいから」で、回答率はそれぞれ56%と57%だった(複数回答、以下同)。

画像 副業に興味を持った理由(出典:パーソルテクノロジースタッフ

 エンジニアと非エンジニアの間で差が出たのは、「本業と違う世界の楽しさややりがいを感じたいから」と「時間的に余裕があるから」の2項目だった。やりがいを副業の理由に挙げたエンジニアの割合は20%だったのに対して、非エンジニアは28%。時間的な余裕は、エンジニアの6%しか挙げなかったのに対して、非エンジニアは21%が挙げた。

専門性を発揮するエンジニア、新たなジャンルに挑む非エンジニア

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。