ニュース
» 2019年05月30日 18時30分 公開

Windows To GoやPrint 3Dも削除へ:Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」以降の削除機能リストを公開

Microsoftは、「Windows 10 May 2019 Update」で削除された機能と今後削除予定の機能をまとめたリストを公開した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは、2019年5月に一般提供を開始した「Windows 10 May 2019 Update」(Windows 10バージョン1903)で幾つかの機能を削除した。

 機能の削除は多くの場合、より適切なオプションの追加に伴って行われると説明している。削除された機能と今後削除予定の主な機能は次の通り。

削除された機能、または間もなく削除される機能

  • XDDMベースのリモートディスプレイドライバ

 Windows 10 May 2019 Update以降、リモートデスクトップサービスでは、単一セッションのリモートデスクトップに対してWDDM(Windows Display Driver Model)ベースのIDD(Indirect Display Driver)を使用するように変わった。

 今後のリリースで、XDDM(Windows 2000 Display Driver Model)ベースのリモートディスプレイドライバのサポートを取りやめる予定だ。XDDMベースのリモートディスプレイドライバを使うISV(独立系ソフトウェアベンダー)は、WDDMドライバモデルへの移行を計画する必要がある。

  • デスクトップの「メッセージング」アプリ、同期機能

 これまで、デスクトップの「メッセージング」アプリは、Windows Mobileから受信したSMSテキストメッセージと同期を取り、デスクトップにメッセージのコピーを保持する機能を備えていた。今回、同期機能を全てのデバイスから削除したため、メッセージを受信したデバイスからのみ、メッセージにアクセスできるように変わった。

開発を中止した機能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。