ニュース
» 2019年05月31日 18時30分 公開

Azure、AWS、GCPで検出対象に:「Microsoft Cloud App Security」、主要クラウドでホストされているシャドーITリソースを検出可能に

Microsoftは、「Microsoft Cloud App Security」のシャドーIT検出機能を拡張した。主要なパブリッククラウドサービスのIaaSやPaaSでホストされているシャドーITリソースを特定できるようにした。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年5月29日(米国時間)、モバイル管理とセキュリティのためのプラットフォーム「Microsoft Enterprise Mobility + Security」に含まれる「Microsoft Cloud App Security」のシャドーIT検出機能を拡張したことを明らかにした。

 これにより、主要なパブリッククラウドサービスのIaaSやPaaSソリューションでホストされているシャドーITリソースを特定できるようになった。

 Microsoft Cloud App Securityは、企業で使われているクラウドアプリケーションの検出や、行動分析、リスク評価、データ保護、脅威対策といった機能を備え、クラウド環境を包括的に管理してセキュリティ体制を強化するソリューション。

 シャドーITは、企業のビジネス部門などがIT部門を通さずに運用しているITを指す。IT部門の管理下にないことから、企業に重大なセキュリティリスクをもたらす恐れがある。

対応クラウドサービスをさらに拡充

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。