ニュース
» 2019年06月04日 08時00分 公開

「ブロックチェーン都市」を形成:行政サービス向け住民ID基盤「GaaS」、スマートバリューが石川県加賀市に導入

スマートバリューは、ブロックチェーン技術を応用した、行政サービスや手続きを電子化する住民ID基盤「GaaS」を石川県加賀市に導入した。2019年度内にGaaSとマイナンバーカードを連携させ、加賀市の行政手続きの一部を電子化する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 スマートバリューは2019年5月31日、「GaaS」(Government as a Service)の稼働を開始したと発表した。

 GaaSは、ブロックチェーン技術を応用した、行政サービスや手続きを電子化する住民ID基盤。まず、石川県加賀市に導入した。

画像 GaaSの概要図(出典:スマートバリュー

GaaSが実現するもの

 GaaSでは、SNSアカウントなどのオープンなIDによって本人を認証し、セキュリティレベルに応じた行政情報を提供する。今後は加賀市の基盤として、次の4つのサービスを3カ年計画で追加する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。