ニュース
» 2019年06月06日 10時30分 公開

Common SQL Engineを更新して多様なデータソースに対応:IBM、最新DB「Db2 V11.5」でAIやデータサイエンスへの対応を強化

IBMは、RDBMSのメジャーアップグレード版「Db2 V11.5」を発表した。企業がAIやデータサイエンスをデータベース管理プロセスに導入し、AIをより容易にアプリケーションに組み込み、データからより大きな洞察を引き出せるように設計した製品。新たに製品系列を3つのエディションに整理した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IBMは2019年6月4日(米国時間)、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)のメジャーアップグレード版「IBM Db2 V11.5」を発表した。Db2 V11.5は、企業がAIやデータサイエンスをデータベース管理プロセスに導入し、AIをより容易にアプリケーションに組み込み、データからより大きな洞察を引き出せるように設計されている。

 Db2 V11.5には多くの改良が加えられている。その一つがデータサイエンスのサポートだ。さまざまなオープンソースのプログラミング言語やフレームワークに対応したドライバをIBMが新たに用意したことで、開発者はDb2を使って機械学習モデルをアプリケーションに簡単に組み込める。こうした改良の目的は、管理負担が少なく、耐障害性が高く、生産性向上を支援するアプリケーションをDb2開発者がより容易に作成できるよう支援することにある。

 Db2の新版は、Go、Ruby、Python、PHP、Java、Node.js、Sequelizeなどのプログラミング言語をサポートする。Visual Studio CodeやJupyter Notebookなどの広く普及したフレームワークもサポートしている。IBMはこれらに対応した最新のドライバとコードサンプルをGitHubでオープンソースソフトウェアとして公開した。

自然言語クエリを提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。