ニュース
» 2019年06月07日 10時00分 公開

操作性が向上、TypeScript 3.5.1に対応:Microsoft、「Visual Studio Code」の「May 2019」リリースを公開

Microsoftは、クロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」の「May 2019」リリース(バージョン1.35)を公開した。エディタ内の移動動作やTypeScript対応などを改善している。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年6月5日(米国時間)、WindowsやmacOS、Linuxに対応するクロスプラットフォームのエディタ「Visual Studio Code」(以下、VS Code)の「May 2019」リリース(バージョン1.35)を公開した。

 VS Code 1.35では、次に挙げるような多くの機能改善があった。

エディタでは「定義へ移動」などを改良

 新バージョンでは「定義へ移動」アクションに加え、類似した「宣言へ移動」「型定義へ移動」「実装に移動」を改良した。

 まず、シンボルに複数の定義がある場合、ステータスバーに複数の定義を表示し、[F12]キーで各定義間をジャンプできるようになった。

複数の定義がある場合の「定義へ移動」例(クリックで再生、出典:Microsoft

 さらに「定義へ移動」が「workbench.editor.revealIfOpen」設定を尊重するようになり、シンボルへの移動時に、別のグループで既に開いているエディタを再利用できるようになった(再利用しない設定も可能)。

 この他、「ピーク」ビューが、結果ツリーのように検索とフィルタリングをサポートするようになり、結果を素早く絞り込めるようになった。加えて、定義のリクエスト結果がなかなか返ってこない場合、[Esc]キーを押してキャンセルできるようになった。

 移動アクション以外では、「パンくずリスト(ブレッドクラム)」ナビゲーションがデフォルト表示となっている。

 ファイルやシンボルへの素早い移動を目的としたパンくずリストが、デフォルトで表示されるようになった。「表示」メニューの「表示>ブレッドクラムトグル」コマンドで、表示/非表示をトグルできる。

デフォルトで表示される「パンくずリスト」ナビゲーション(出典:Microsoft

TypeScript対応を改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。