ニュース
» 2019年06月10日 08時00分 公開

業務自動化は従業員のストレスを軽減する:ServiceNow Japanが「業務自動化に関する国際調査」を実施 日本の回答は?

ServiceNow Japanが実施した「業務自動化に関する国際調査」によると、業務の自動化が従業員の生産性や創造性向上、ストレス軽減などをもたらすことが分かった。ただし日本では手作業に頼っている職場が多く、業務の自動化レベルが、調査した地域の中で最も低い。

[@IT]

 ServiceNow Japanは2019年6月5日、「業務自動化に関する国際調査」の結果を発した。同調査は、業務の自動化に対する従業員の考え方や経験、業務の自動化レベルを明らかにすることが目的。それによると、日本はデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進が他国よりも遅れていることや、業務の自動化が従業員の生産性や創造性向上、ストレス軽減などをもたらすことが分かった。

 まず、職場での業務の自動化レベルを調べた。すると、日本では手作業に頼っている職場が多く「業務の自動化のレベルが低い」ことが分かった。

画像 業務自動化のレベルは低い?

 自身の業務について「手作業に頼っている」または「極めて手作業に頼っている」と回答した割合は、日本が39%で、12の国と地域の中で最も高かった。世界平均は29%だった。これに対して、業務が「自動化されている」または「極めて自動化されている」と回答した割合は、日本が20%。これは、香港(14%)、カナダ(19%)に次いで3番目に低い。世界平均は26%だった。

デジタルスキルに自信のない人が多い日本

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。