ニュース
» 2019年06月11日 08時00分 公開

2020年卒業予定の学生に調査:AIやIT職の仕事内容がイメージできない学生多数 マイナビ

マイナビが発表した「マイナビ AI推進社会におけるキャリア観に関するアンケート」の結果によると、2020年卒業予定の学生の75.4%がAIやITに関連した職種を志望していないことが分かった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 マイナビは2019年6月4日、「マイナビ AI推進社会におけるキャリア観に関するアンケート」の結果を発表した。同調査は、2020年卒業予定の全国の大学生と大学院生7342人を対象としたもので、AI(人工知能)推進の社会の中で自身の働き方についての感じ方や考え方を調べた。

画像 志望するAI、IT関連の業種(出典:マイナビ

 まず、AIやITに関連した職種については、全体の75.4%、理系男子の67.1%、理系女子の81.0%が「志望しない」と回答した。一方「志望する」と回答した中で、志望する割合が最も高かった職種はシステムエンジニアで、全体の12.9%だった。内訳は文系男子の12.8%、文系女子の8.8%、理系男子の18.5%、理系女子の12.8%だ。次いで、プログラマー(全体の7.8%)、ITコンサルタント(同6.5%)だった。

 これに対してAIやITに関連した職種の中で、最も志望する割合が低かった職種はセールスエンジニアで、志望割合は全体の1.1%。最近注目を浴びているデータサイエンティストは全体の3.3%だった。

「どの程度プログラミングができればいいのか分からない」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。