ニュース
» 2019年06月12日 08時00分 公開

従業員のPC操作をリアルタイム記録:「働き方改革のための業務分析サービス」をクラウドで提供 日立ソリューションズ

日立ソリューションズは「働き方改革向け業務可視化・分析サービス powered by Work Style Analyzer」を提供開始する。従業員のマウスやキーボードの操作状況、利用したアプリケーション名やファイル名、Webサイト名などをリアルタイムで収集し、業務に関する問題の分析や課題の把握を支援する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日立ソリューションズは2019年6月11日、「働き方改革向け業務可視化・分析サービス powered by Work Style Analyzer」を同年6月12日に提供開始すると発表した。これは、従業員や組織の業務に関する問題の分析や課題の把握に向けた、生産性向上を支援するクラウドサービスだ。

 同サービスは、従業員が利用するPCにエージェントをインストールすることで、従業員のPC操作の内容と作業時間を「Microsoft Azure」に記録、集計する。集計したデータはグラフ表示できるので、従業員が自身の業務状況を把握したり、各部門の管理者が従業員の働き方を組織横断的に見直したりできる。さらに、人材情報や業績情報など、社内のさまざまなデータを組み合わせて分析することも可能だ。

画像 従業員の業務状況を可視化(出典:日立ソリューションズ

勤怠情報と連携して問題箇所を特定

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。