ニュース
» 2019年06月13日 08時00分 公開

クラウドサービスではなくPC環境で動作:機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を無償提供 ソニー

ソニーは機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を、法人向けに無償提供する。利用者にデータ処理に関する専門知識や経験がなくても、精度の高い予測が可能。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 ソニーは2019年6月12日、機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」の提供を開始すると発表した。法人向けに、当面は無償で提供する。

画像 Prediction Oneのダッシュボード(出典:ソニー

 予測分析は、統計アルゴリズムや機械学習を用いて過去のデータから将来の結果を予測するデータ分析手法の一つ。Prediction Oneを利用するに当たって、機械学習やプログラミングなどの専門知識は不要だ。マーケティングや営業、人事、生産管理、顧客サポート、査定業務などで利用できる。予測と合わせて予測理由も提示することが特徴だ。

画像 Prediction Oneの項目選択画面(出典:ソニー

 利用者にデータ処理に関する専門知識や経験がなくても、ソニー独自の技術によって最適なモデルを選択し、データを前処理することで、精度の高い予測が可能だという。Prediction Oneは、ノートPCのような一般的な環境で動作する。クラウドサービスではないので、処理対象のデータをアップロードする必要がない点も特徴といえる。

コールセンターへの入電数の予測などに活用可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。