ニュース
» 2019年06月14日 18時00分 公開

ファイルの配置場所やIPアドレスに注意:「WSL 2」初期プレビュー版が使用可能に、Windows 10の最新プレビュービルドで

Microsoftは、「Windows 10 Insider Preview Build 18917(20H1)」で、「WSL 2」の初期プレビュー版を試せるようにした。公開に当たってWSL 2独自の変更点を紹介した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年6月12日(米国時間)、Windows 10の最新プレビュービルド「Windows 10 Insider Preview Build 18917(20H1)」で「Windows Subsystem for Linux(WSL)」の新版「WSL 2」の初期プレビュー版を試せるようになったと発表した。このビルドは「Windows Insider Program」で「Fastリング」を選択しているユーザーに公開されているもの。

 WSLは、Windows 10がインストールされているマシンから同一マシン内のLinux環境を利用するための仕組み。WSL 2ではLinuxディストリビューションをほぼそのまま利用でき、パッケージシステムも使用できる。

 Microsoftによれば、WSL 2の開発に当たっては従来のWSL 1と同様に使えることを目指しているという。だがWSL 2の初期プレビューでは、重要な変更点が2つあるという。

LinuxファイルをLinuxルートファイルシステムに配置

 Microsoftによれば、Linuxアプリケーションで頻繁にアクセスするファイルをWSL 2ではLinuxルートファイルシステムに置くようにしてほしいという。高速なファイルアクセスが可能になるためだ。WSL 1では、ファイルを「Cドライブ」に置くようMicrosoftは推奨してきた。

 なお、WSL 2では、WindowsアプリケーションがLinuxルートファイルシステムにアクセスできるようになっている。例えば、bashシェルで「explorer.exe /」を実行すると、エクスプローラでLinuxのルートディレクトリの内容を表示できる。このことは、Linuxファイルの配置場所をスムーズに変更するのに役立つだろうと、Microsoftは述べている。

初期ビルドでは、動的IPアドレスでLinuxネットワークアプリケーションにアクセスする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。