ニュース
» 2019年06月17日 15時30分 公開

誤解や誤用を避けるには:ブロックチェーンの「7つの間違い」と回避手法、Gartnerが解説

Gartnerは、ブロックチェーンプロジェクトの一般的な7つの間違いを挙げ、回避手法とともに解説した。例えば分散型台帳技術(DLT)だけにこだわる、本番環境に適用できるかどうかの見極めが甘いといった間違いを指摘した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Gartnerは2019年6月12日(米国時間)、ブロックチェーンプロジェクトが失敗する根本原因として、一般的な7つの間違いを挙げ、回避する手法とともに解説した。

 Gartnerによると、ブロックチェーンには高い関心が寄せられている。だが、同社が3000人以上のCIO(Chief Information Officer:最高情報責任者)を対象に行った調査「2019 CIO Agenda Survey」では、ブロックチェーンを既にデプロイしているか、近いうちにデプロイすると答えたCIOは、11%にすぎない。これは、プロジェクトの大部分が初期の実験段階を超えては進んでいないためである可能性があるという。

 Gartnerのシニアリサーチディレクターを務めるエイドリアン・リオー氏は次のように状況をまとめた。

 「当社の最新の『先進テクノロジのハイプサイクル』では、ブロックチェーンは現在、『幻滅期』の谷へと下降し始めたところだ。ブロックチェーンプラットフォームや技術の市場は、まだ初期の段階だ。製品コンセプトや機能セット、コアアプリケーション要件といった主要コンポーネントについて、業界のコンセンサスは形成されていない。5年以内に、単独の支配的なプラットフォームが登場することはなさそうだ」

先進テクノロジのハイプサイクル、2018年8月版(出典:Gartner

 Gartnerは、「ブロックチェーンプロジェクトを成功させるには、失敗の根本原因を理解する必要がある」という認識から、ブロックチェーンプロジェクトのよくある7つの間違いと、これを回避する手法を解説している。

(1)ブロックチェーン技術を誤解する/誤用する

 ブロックチェーンプロジェクトの大部分が、分散型台帳技術(DLT)によってブロックチェーンプラットフォームにデータを記録するためだけに利用されていること、さらに分散コンセンサスやトークン化、スマートコントラクトといった主要機能を無視していることがGartnerの調査により分かった。

 「多くの組織がブロックチェーンの主要機能をあまり使用していないという事実は、その組織がブロックチェーンを本当に必要としているのかどうか、という疑問につながる。DLTを出発点とするのはよいが、CIOの優先課題は、ブロックチェーンを総合的に捉えてユースケースを明確にし、DLT以外の要素も利用するプロジェクトに取り組むことだ」(リオー氏)

(2)手に入れたブロックチェーン技術が本番環境に使用できると思い込む

 ブロックチェーンのプラットフォーム市場は広大であり、さまざまな方法で差別化を図る多様な製品が出回っている。秘匿性を重視するものもあれば、トークン化を重視するものもあり、ユニバーサルコンピューティングを重視するものもある。だが、そのほとんどは、システムやセキュリティ、ネットワークの管理サービスとともに運用される大規模な本番環境へと適用できるほど成熟していない。

 もっとも、この状況は数年以内に変化する見通しだ。CIOは、ブロックチェーンプラットフォームの機能進化に目を配り、それを踏まえてブロックチェーンプロジェクトのスケジュールを調整しながら進める必要がある。

(3)プロトコルとビジネスソリューションを混同する

 ブロックチェーン自体は基盤レベルの技術であり、さまざまな業種でさまざまなシナリオに利用できる。だが、完全なアプリケーションではない。

 「ブロックチェーンに関して、基盤レベルの技術は完全なアプリケーションソリューションとさほど違わないという暗黙の前提がある。だが、これは誤解だ。ブロックチェーンは、アプリケーション内で特定のタスクを実行するためのプロトコルと考えるのが適切だ」(リオー氏)

(4)ブロックチェーンをデータベースやストレージメカニズムと見なす

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。