ニュース
» 2019年06月18日 18時00分 公開

VS CodeでJavaを手軽に始める:Microsoft、「Visual Studio Code Java Pack Installer」を公開

Javaコーディングを素早く簡単に始めるための「Visual Studio Code」向けのインストーラパッケージをMicrosoftが公開した。関連するコンポーネントを最新版に更新することもできる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年6月14日(米国時間)、ソースコードエディタ「Visual Studio Code」でJavaコーディングを素早く簡単に始めるための特別なインストーラパッケージ「Visual Studio Code Java Pack Installer」を公開した。

 Javaコミュニティーが拡大する中、学生や他の言語を使っていた開発者といったJava初心者が増え、環境のセットアップやコーディングを始める際に苦労するケースが多くなっているという。これを踏まえてMicrosoftは、今回のインストーラを公開した。

 このパッケージは、クリーンインストールに使用できる他、既存の開発環境にJava自体やVisual Studio Codeを追加する目的でも使用できる。

 このパッケージをダウンロードして開くと、ローカルの開発環境にJavaソフトウェア開発キット「JDK」(Java Development Kit)やVisual Studio Code、Visual Studio Code用の主要なJava拡張機能といった基本コンポーネントがあるかどうかを自動的に検出する。

 基本コンポーネントが見つからなかった場合は、次のようにインストールを促す。

基本コンポーネントを促す画面(出典:Microsoft

1分以内にJavaプログラミングを開始できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。