ニュース
» 2019年06月19日 08時00分 公開

利用ユーザー数は772万人に増加:2023年の国内クライアント仮想化関連市場は8858億円、IDCが予測

IDC Japanが発表した国内クライアント仮想化関連市場の予測によると、2018〜2023年の年間平均成長率は4.2%、2023年の市場規模は8858億円の見込み。クライアント仮想化の利用ユーザー数は、2023年に772万人に増加する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年6月17日、国内クライアント仮想化関連市場について、2019〜2023年の予測を発表した。それによると、2018〜2023年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は4.2%、2023年の市場規模は8858億円の見込み。

 同社は、インテリジェントワークスペースの進化や、法規制、ガイドラインによるIT投資拡大、Windows 7/Windows Server 2008のサポート終了によるVDI(Virtual Desktop Infrastructure)/SBC(Server Based Computing)の需要拡大によって、同市場が拡大すると分析している。

 こうした市場拡大に伴い、クライアント仮想化の利用ユーザー数も2023年に772万人に増加する見込みだ。産業分野別に見ると、2018年に最もユーザー数が多い「金融」では、2023年には139万人に拡大すると予測する。次いで利用率が高い産業分野は「官庁/自治体/教育」「製造」で、これらの分野でクライアント仮想化の実装が進むとIDCは見ている。

2018〜2023年の国内クライアント仮想化ソリューション市場の推移予測 2018〜2023年の国内クライアント仮想化ソリューション市場の推移予測(出典:IDC Japan)

「Desktop as a Service」の多様化が進むと予測

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。