ニュース
» 2019年06月19日 14時30分 公開

DockerがWSL 2を利用:「Docker Desktop for WSL 2」、2019年7月にテクニカルプレビュー版がリリース

Dockerは、Windows向け「Docker Desktop」の新バージョン「Docker Desktop for WSL 2」のテクニカルプレビュー版を2019年7月にリリースする予定だ。WSL 2を利用することで高速化を果たせるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Dockerは2019年6月16日(米国時間)、Microsoftの「Windows Subsystem for Linux(WSL)2」を利用したWindows向け「Docker Desktop」の新バージョン「Docker Desktop for WSL 2」について、テクニカルプレビュー版を7月にリリースする予定であることを明らかにした。

 WSLは、Windows 10がインストールされているマシンから同一マシン内のLinux環境を利用するための仕組み。2019年5月に発表されたWSL 2では、アーキテクチャを大幅に変更し、エミュレーションを使用することなく、軽量の仮想マシン(VM)内でLinuxカーネルが実際に動作する環境を提供する。

 WSL 1を利用した場合、Docker EngineとKubernetesをWSL内で直接実行することは不可能だった。このため、現在のDocker Desktopでは、Hyper-V VMとLinuxKitを用いて実現している。

 WSL 2のアプローチは、Dockerが提供している従来のWindows向けソリューションと非常によく似ている。さらにWSL 2の手法はDockerが単独で取り組む場合よりも軽量で、Windowsとより緊密に統合されている。このため、DockerデーモンはWSL 2上で、従来よりも高いパフォーマンスを発揮できるという。

 このような背景からDockerはMicrosoftと協力し、Docker Desktop for WSL 2の開発に乗り出した。Docker Desktopの新バージョンにより、コンテナを使った開発エクスペリエンスが向上し、新機能が利用できるようになるという。なお、WSL 2はWindows 10 Homeでも動作するため、Docker Desktop for WSL 2を利用可能だ。

 7月にリリース予定のテクニカルプレビュー版は、現行のDocker Desktopと共存できるため、既存プロジェクトを安全に継続できると、Dockerは述べている。

 Dockerは、Docker Desktop for WSL 2の概要を次のように説明している。

WSL 2統合パッケージを提供

 Dockerは、従来のDocker Desktopで用いていたHyper-V VMの代わりに、「WSL 2統合パッケージ」を採用する。このパッケージでは、現行のDocker Desktop VMと同様に、1クリックでのKubernetesのセットアップから自動更新、透過的なHTTPプロキシ構成、Windowsからデーモンへのアクセス、Windowsファイルの透過的なバインドマウントまでが可能になる。

Docker Desktop for WSL 2の概念図(出典:Docker

 統合パッケージは、DockerとKubernetesの実行に必要なサーバ側コンポーネントに加え、WSL内でこれらのコンポーネントを操作するためのCLI(コマンドラインインタフェース)ツールを含む。

Linux Workspacesを提供

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。