ニュース
» 2019年06月20日 12時00分 公開

IoTデバイスは年平均28.7%で増加:416億台のIoTデバイスが「約80ZB」のデータを生成、IDCが2025年を予測

IDCによれば、2025年にはIoTデバイスの数が416億台に達するという。これらのデバイスは79.4ゼタバイト(ZB)のデータを生成する見通しだ。最も多くのデータを生み出すのはビデオ監視用IoTデバイスだが、成長が著しいのは他の種類のデバイスだ。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDCは2019年6月18日(米国時間)、2025年にはIoTデバイスの数が416億台に達し、これらのデバイスが年間79.4ゼタバイト(ZB、1TBの約800億倍)のデータを生成するとの見通しを発表した。IoTデバイスには、インターネットに接続されたマシンやセンサー、カメラなどが含まれる。

 IDCの予想によれば、IoTデバイスは、2018〜2025年に年平均28.7%のペースで増加する。IoTデバイスが生成するデータの大部分を占めるのが、ビデオ監視アプリケーションからのデータだ。だが、さまざまな産業分野や医療関連のデバイスからのデータも、ますます増えていくという。

 IDCのIoT、5G、モビリティー担当グループバイスプレジデント、キャリー・マギリブレイ氏は次のように語る。

 「市場の成熟化が進み、IoTは“モノ”、人々、プロセスが行う情報のやりとりを支える基盤として、ますます重要な役割を果たすようになっている。多種多様なIoTデバイスが生成する膨大なデータ量を理解することは、企業や組織が、成長を続けるデータドリブンのIoT市場に対応して、高いスケーラビリティを備えるソリューションを構築するのに役立つ」

 各種の産業用途でIoTの導入が進むだけでなく、スマートホームなどの家庭向けデバイスや、個人向けのウェアラブルデバイスも、近いうちに広く普及するとIDCは予想している。

 だが、長期的な傾向は違う。治安への懸念やカメラコストの低下、5Gなどの広帯域ネットワークの普及、高密度な配置などを背景に、ビデオ監視の導入が急速に進む見通しだ。さらにまだ普及の初期段階にあるドローンも、遠隔地や危険な場所での撮影に威力を発揮する可能性があり、カメラによるデータ生成の増大に大きく貢献しそうだ。

ビデオ監視カメラよりも成長が速い分野は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。