ニュース
» 2019年06月20日 16時23分 公開

Cloudian CEOのマイケル・ツォ氏に聞いた:VMwareが「S3 APIを支持」、Cloudianのオブジェクトストレージをクラウドパートナーに提供へ

オブジェクトストレージベンダーのCloudianは2019年6月19日、VMwareがクラウドサービスプロバイダーに提供しているクラウド管理プラットフォーム機能、「VMware vCloud Director」に対応したオブジェクトストレージソリューションを発表した。VMwareは同ソリューションを、2019年9月にクラウドサービスパートナー向けのカタログに追加し、Cloudianと共同で販売する。今回の発表は、VMwareがS3 APIを公式に支持したことも意味するという。

[三木 泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オブジェクトストレージベンダーのCloudianは2019年6月19日、VMwareがクラウドサービスプロバイダーに提供しているクラウド管理プラットフォーム(CMP)機能、「VMware vCloud Director(vCD)」に対応したオブジェクトストレージソリューション、「Cloudian Object Storage for VMware vCloud Director」を発表した。VMwareは同ソリューションを、2019年9月にクラウドサービスパートナー向けのカタログに追加し、Cloudianと共同で販売する。

 これについて、Cloudianの共同創業者兼CEOのマイケル・ツォ(Michael Tso)氏に聞いた。

「VMwareがS3 APIを支持したことは、大きな意味がある」

 今回の発表の骨子は2つある。

 VMwareは同社のソフトウェアプラットフォームを採用するクラウド事業者向けに「VMware Cloud Provider Program」を展開。その一環として、クラウドサービスの顧客が使えるセルフサービスポータル機能であるvCDを提供している。今回、CloudianのオブジェクトストレージソフトウェアがvCDに対応することにより、VMwareクラウドパートナーは、オブジェクトストレージサービスをユーザーが自ら設定・構成できる形で提供できる。

 また、VMwareは2019年9月をめどに、vCD対応のCloudianをクラウドプロバイダーパートナー向けのカタログに加え、Cloudianと共同で販売する。クラウド事業者はサブスクリプションベースで、Cloudianのオブジェクトストレージを利用できる。

 ツォ氏は今回のVMwareとの提携について、次のように説明する。

 「VMwareは、オンプレミス、同社のクラウドプロバイダーパートナー、主要パブリッククラウドを含めたマルチクラウドを、企業が単一のインターフェースで使える世界を目指している。Cloudianもストレージで同一のビジョンを持っており、両者の考えは一致している。今回の発表はまた、VMwareがマルチクラウドのオブジェクトストレージを実現するため、Amazon S3 APIを支持したことを意味する」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。