ニュース
» 2019年06月24日 10時30分 公開

汎用性と柔軟性が向上:Microsoft、AzureでVMを管理するための新パッケージ「AzureVM 2.0」を公開

Microsoftは、Azureで仮想マシン(VM)をデプロイ、管理するための新版「AzureVM 2.0」を公開した。VMとVMクラスタのデプロイを分離し、これらを作成するためのUIを改善した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年6月19日(米国時間)、「AzureVM」のバージョン2.0を公開した。AzureVMは、Microsoft Azureで仮想マシン(VM)をデプロイ、管理するためのパッケージ。

 AzureVM 2.0では、VMとVMスケールセット(クラスタ)を操作するための真に汎用(はんよう)的で柔軟なツールとなるよう、既存パッケージを完全に書き換えた。

 AzureVM 1.0にはさまざまな制限があった。例えば、DSVM(データサイエンス仮想マシン)テンプレートの選択肢が少なく、テンプレートを変更するためのオプションもあまりなかった。任意のテンプレートをデプロイすることもできたが、この機能は実際にはAzureVMではなく、「Azure Resource Manager」とやりとりするためのR言語パッケージ「AzureRMR」によって提供されていた。

 AzureVM 2.0の主な変更点は次の通り。

VMとVMクラスタのデプロイの分離
 VMクラスタは、個々のVMの単純な配列ではなく、スケールセットとして実装されるようになった。スケールセットを操作するメソッドは、get_vm_scaleset、create_vm_scaleset、delete_vm_scalesetとなり、get/create/delete_vm_clusterは廃止された。

VMやVMスケールセットを作成するための新しいUI
 新UI(ユーザーインタフェース)にはデプロイオプションを微調整する設定が多数用意された。例えば、ベースVMイメージの指定や、ネットワーキングの詳細設定(セキュリティルール、ロードバランサー、自動スケーリングなど)、接続するデータディスクの指定、優先順位が低いVMをスケールセットとして使用する設定などが可能だ。

定義済み構成の追加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。