ニュース
» 2019年06月26日 08時00分 公開

企業のデータ管理に関する調査レポート:データへのアクセス中断発生で「年間2000万ドルの損失」 Veeam Software調査

Veeam Softwareが発表した企業のデータ管理に関する調査レポートによると、73%の企業でデータへのアクセス中断が原因で損失が発生し、その損失額は年間2000万ドルに上ることが明らかになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Veeam Software(以下、Veeam)は2019年6月4日、企業のデータ管理に関する調査レポート「2019年Veeamクラウド・データ・マネジメント・レポート」を発表した。それによると、73%の企業でデータやサービスへのアクセス中断が原因で損失が発生し、その損失額は標準的な企業で年間2000万ドルに上ることが明らかになった。同レポートでは、企業は強固なデジタル基盤を求めており、そのためにはデータの確実なバックアップと可用性の確保が必要だとしている。

 企業は、ビジネスの成功を収めるために、クラウドやビッグデータ、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの技術を取り入れている。Veeamによると、これらに向けた2019年の投資は、平均4100万ドルと見込まれている。こうした中、今回の調査対象となった企業の半数近くが、投資を生かすにはデータ保護が不可欠だと認識していた。

画像 投資を生かすにはデータ保護が不可欠

 一方「現在自社のバックアップソリューションを十分信頼できる」と回答した企業は37%にすぎなかった。73%の企業は、利用部門の要求に応えきれていないと回答した。ただし、調査対象企業の半数以上は、データマネジメントやマルチクラウドソリューションを導入して、この問題に対処する予定だという。

国によって異なるデジタル化の取り組み

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。