ニュース
» 2019年06月28日 08時00分 公開

管理要員も約30人から5人に削減:500台のサーバ集約と運用アウトソースを10カ月で完了 日鉄ソリューションズ

みらかホールディングスは、日鉄ソリューションズのITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を導入した。同社の「クラウドサービス」「データセンター」と組み合わせることで、管理要員を約30人から5人に削減した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)は2019年6月27日、みらかホールディングスにITインフラの包括的ITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を提供したと発表した。

 臨床検査や検査試薬を中心とした事業を展開するみらかホールディングスは中期経営計画「Transform! 2020」で、国内グループ会社約20社の約120拠点を対象に、グループ共通のIT環境の整備を進めている。これに向けて同社では、事業会社や部門ごとに分散していた約1000台のサーバの集約や個別運用の一元化など、ITインフラの運用管理業務を効率化することを計画していた。今回みらかホールディングスが導入したNSFITOSは、こうした計画に基づいたもの。

クラウドサービス、データセンター、運用アウトソースを組み合わせ

 まずは500台のサーバを、NSSOLが提供するクラウドサービス「absonne」と、NSSOLの次世代型データセンター「第5データセンター」に集約した。同時に、NSSOLの次世代運用サービス「emerald」にアウトソースした。

画像 NSFITOSが代替する部分(出典:日鉄ソリューションズ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。