ニュース
» 2019年06月28日 15時30分 公開

SSDで高性能I/Oアクセス可能:Microsoft、ファイル共有サービス「Azure Files」の「Premium」オプションを正式リリース

Microsoftは、ファイル共有サービス「Azure Files」で高いパフォーマンスレベルが得られる「Premium」オプションの一般提供を開始した。なお、料金体系は「Standard」オプションとは異なる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年6月26日(米国時間)、「Azure Files」サービスで高いパフォーマンスレベルが得られる「Premium」オプションの一般提供を開始したと発表した。

 Azure Filesでは、業界標準のSMB(Server Message Block)プロトコルでアクセスできるフルマネージドのファイル共有をする。オンプレミスのファイルサーバの置き換えや補完、アプリケーションの“リフトアンドシフト”、クラウド開発の簡略化などに利用できる。

Azure Filesの管理構造(出典:Microsoft

 Azure Filesには、ファイル共有のパフォーマンスレベルとして「Standard」とPremiumが用意されており、これまでPremiumはプレビュー段階だった。両者の特徴は以下の通り。

  • Standardファイル共有 HDDを利用して汎用(はんよう)のファイル共有や開発/テスト環境など、ワークロードの変動の影響を受けにくいI/Oワークロードに対して信頼性の高いパフォーマンスを提供する
  • Premiumファイル共有 SSDを利用してほとんどのI/O集中型ワークロードで一貫した優れたパフォーマンスと低レイテンシ(ほとんどのI/O操作で1桁ミリ秒以内)を提供する。そのため、データベースやWebサイトホスティング、開発環境など、幅広い種類のワークロードに適している

 MicrosoftはPremiumオプションのメリットを次のように説明した。

高パフォーマンスを動的、柔軟に提供

 Premiumオプションではパフォーマンスをあらかじめ定義できる。Premiumファイル共有のパフォーマンスは、ワークロードのパフォーマンス特性に応じて瞬時にスケールアップ、スケールダウンする。Premiumファイル共有の容量は最大100TiB(約110TB)、IOPSは最大10万までスケールアップし、ターゲットトータルスループットは10GiB(約10.7GB)/秒となっている。

 Premiumファイル共有では、パフォーマンスが動的にチューニングされるだけでなく、IOPSのピーク負荷時間が短く、大きく変動するワークロードに対応して、バースト機能も提供される。

グローバルに利用可能、予測可能なコスト

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。