ニュース
» 2019年07月01日 17時00分 公開

カスタムUIでストリームを高度に活用:Microsoft、オープンソースのAIデバッグ/可視化ツール「TensorWatch」を発表

Microsoft Researchは、データサイエンスやディープラーニング、強化学習向けにオープンソースのデバッグ/可視化ツール「TensorWatch」を発表した。Jupyter NotebookをUIに利用しているため、カスタマイズが容易だという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoft Researchは2019年6月25日(米国時間)、データサイエンスやディープラーニング、強化学習向けにオープンソースのデバッグ/可視化ツール「TensorWatch」を発表した。TensorWatchは「Jupyter Notebook」で動作し、機械学習(ML)トレーニングのリアルタイム可視化や、モデルとデータの重要な分析タスクを実行する。

TensorWatchの動作画面(出典:Microsoft

 Microsoft ResearchはTensorWatchを、「研究者やエンジニアの仕事に役立つ先進的機能を数多く提供する、デバッグツールのスイスアーミーナイフ」とうたっている。2019年6月にスペインのバレンシアで開催された「ACM SIGCHI Symposium on Engineering Interactive Computing Systems」で、TensorWatchのプレゼンテーションを行ったという。

 Microsoft ResearchによればTensorWatchの特徴は次の通り。

カスタムUIの作成や可視化に向く

 TensorWatchは、あらかじめ組み込まれたUIではなく、Jupyter NotebookをUIに利用している。具体的にはJupyter Notebookの構成可能なUIや、Jupyter Labの共有可能なライブダッシュボードを使用して、リアルタイムトレーニングプロセスの対話型デバッグ機能を提供する。

 さらにTensorWatchはPythonライブラリであるため、独自のカスタムUIを作成したり、巨大なPythonデータサイエンスエコシステムの中で利用したりできる。なお、TensorWatchは幾つかの一般的なタイプの可視化(棒グラフ、ヒストグラム、円グラフ、3Dバリエーションなど)もサポートしている。

Jupyter Notebookで動作しているTensorWatchがMLトレーニングアプリケーションで生成される複数のストリームからライブチャートをレンダリングしているところ(クリックで再生、出典:Microsoft

ストリームを高度に活用できる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。