ニュース
» 2019年07月02日 12時22分 公開

IoTデバイスへのオンデマンドログインも容易に:ソラコムが多数の発表、グローバルSIMの進化やFaaS対応、「プログラマブルターンキー」なカメラなど

IoTプラットフォーム企業のソラコムが、年次イベント「SORACOM Discovery」に合わせ、eSIM対応などのセルラーサービス新機能/価格改定、Amazon LambdaをはじめとしたFaaSとの連携、カメラソリューションなど、多数の発表を行った。

[三木泉,@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IoTプラットフォームサービスのソラコムは2019年7月2日、年次イベント「SORACOM Discovery」に合わせ、eSIM対応などのセルラーサービス新機能/価格改定、Amazon LambdaをはじめとしたFaaSとの連携、カメラソリューションなど、多数の発表を行った。

旧「グローバルSIM」の「SORACOM IoT SIM」がメインに、新機能や価格改定

 ソラコムは「SORACOMグローバルSIM」と呼んでいた130カ国対応のSIMを「SORACOM IoT SIM」と改称する一方、国内のみに対応したSIMは「特定地域向けSIM」という位置付けに変更した。これに伴い、SORACOM IoT SIMを日本および世界で使いやすくするため、機能強化や価格改定を発表した。

 SORACOM IoT SIMは、チップ型SIM対応や在庫が1年まで無料などのメリットもある。海外での展開を見据えたIoT活用を進めるユーザーが増えていることから、同社では今後SORACOM IoT SIMを特に推進し、グローバルなIoTプラットフォームとしての展開を目指していくという。

 まず、SORACOM IoT SIMは国内でNTTドコモに加え、KDDIのLTEサービスにも接続できるようになり、国内でのマルチキャリア対応が実現した(限定プレビューとしての発表)。しかも、KDDI回線を利用する場合の料金は0.20 米ドル/MBで、NTTドコモ回線の場合に比べ10分の1という。一方2019年7月2日付けで、83カ国におけるデータ通信料金を引き下げ、例えばヨーロッパ中心の21か国では、0.08米ドル/MBから0.02米ドル/MBになったという。

 また、SORACOM IoT SIMはこれまで、コントロールプレーン/ユーザープレーン共に、ドイツで制御/経由していた。2019年8月に、ユーザープレーンを処理するランデブーポイントを、日本、米国でも稼働するという。SIMは最も近いランデブーポイントを選択して通信を行う。このため、SORACOM IoT SIMを例えば日本国内で使う場合に、従来は数百ミリ秒の遅延が発生していたものが、数十ミリ秒に短縮できるという。

ドイツに加え、日本、米国でランデブーポイントを運用開始、伝送遅延を短縮できる

 さらにSORACOM IoT SIMでは新スピードクラス「s1.4xfast」を発表。これまでの2Mbpsという速度上限を超え、8Mbpsの通信ができる。

 一方、「特定地域向けSIM」の一部であるNTTドコモLTEサービスでは、データアップロード向けの新料金プラン「plan-DU」、そしてplan-DUに10/50GBのアップロード通信料を含んだ「DU-10GB」「DU-50GB」を提供開始した。

 また、iPhoneなどで広がりつつあるeSIMへの対応を、テクノロジープレビューとして限定提供開始した。これにより、アプリやQRコードの読み込みだけで、eSIMプロファイルをダウンロードし、同社通信サービスを利用開始できるようになる。

QRコードを読み込むだけで、SORACOMを設定できるというデモ

カメラによるIoTでは「S+ Camera Basic」と「SORACOM Mosaic」

 カメラを使ったノンプログラミングIoTソリューションのエコシステム拡大のため、「S+(サープラス)Camera Basic」と「SORACOM Mosaic」を発表した。ユーザーがカメラを設置し、電源を入れるだけで、顔/物体認識をはじめとしたエッジ処理を業務に活用できるような環境づくりを目指す。

「S+ Camera Basic」は、プログラマブルだがターンキー的なIoTを広げるきっかけにしたいという

 「S+ Camera Basic」は標準的なRaspberry Piボードを使ったカメラ。マグネットや吸盤で取り付けられ、カメラは回転可能。セルラーSIMを搭載し、電源を投入しさえすればSORACOM管理コンソールで管理できるようになる。さらにコンソールからアプリケーションを選択してカメラへ遠隔インストールし、動画をエッジ処理するアプリケーションを適用できる。また、同時に発表したプラットフォームサービスのSORACOM Mosaicでは、デバイスのリソース管理/ログ取得、プログラムのデプロイ/世代管理機能を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。