連載
» 2019年07月03日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:【Google Chrome】終了時にCookieを自動削除して自動ログインを解除する

自分以外の人も操作できるPCでWebサイトへの自動ログインを設定しておくと、他人にログイン済みサイトを操作されて情報漏えいなどにつながる恐れがあります。そこで、Google Chromeの終了時に自動ログインを解除すべく、Cookieを自動削除する設定について説明します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

自動ログインしたままのサイトを他人に見られたくない

 ログイン/サインインできる多くのWebサイトは、ユーザーがサイトを開いた際、自動的に以前のログイン状態を再現する「自動ログイン」機能を持っています。いちいちIDとパスワードなどを指定する手間が省けるので、大変便利な機能です。しかし、セキュリティ上の問題を引き起こすことがあります。

 例えば自分以外の人も操作することがあるPCでは、自分のIDでログイン済みのサイトを、他人に閲覧されたり操作されたりする可能性があります。つまりプライバシー情報を見られたり、勝手に購入・決済をされたりする恐れがある、ということです。

 Google Chrome(以下、Chromeと略)でこの問題を解決する方法の1つとして、サイトごとの自動ログインの情報が保存されているCookie(クッキー)を、Chromeの終了時に削除することが挙げられます。このようにすると、Chromeを終了するまでは普段と同様に対象サイトを使える(毎回ログイン情報を入力しなくて済む)一方で、Chromeをいったん終了した後は、ID/パスワードなどの認証情報(資格情報)を再度指定するまでログインできなくなります。

 本稿ではWindows OS版Chromeを対象として、その終了時にCookieを削除することでWebサイトの自動ログインを解除するための設定手順を説明します。

Chromeの終了時にCookieを削除する

 Chromeの終了時にCookieを削除するには、Cookieの設定ページ(chrome://settings/content/cookies)で設定を変更します。

 それにはまず、Chromeの右上隅にあるChromeメニューボタンをクリックし、表示されたメニューの[設定]をクリックして、設定ページ(chrome://settings)を開きます。下へスクロールして[詳細設定]をクリックしたら、「プライバシーとセキュリティ」枠の[サイトの設定]−[Cookie]とクリックして、Cookieの設定ページ(chrome://settings/content/cookies)を開きます。

Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(1/5) Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(1/5)
Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(2/5) Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(2/5)
Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(3/5) Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(3/5)
Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(4/5) Chromeの終了時に全てのCookieを削除する(4/5)

●全てのCookieを自動削除する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。