ニュース
» 2019年07月08日 08時00分 公開

「メインスキルはC言語が最も多い」:50代でフリーランスを目指すエンジニアが増加中? レバテックが意識調査

レバテックの調査によると、同社と契約している50代以上のフリーランスエンジニアは2017年から1.6倍に増えている。フリーランス歴1年未満のエンジニアが全体の27.9%を占め、50代からフリーに転身する人がある程度存在する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 レバテックは2019年7月4日、同社と契約している50代以上のフリーランスエンジニアを対象とした意識調査結果を発表した。それによると、50代以上のフリーランスエンジニアの契約者は2017年から1.6倍に増加し、フリーランス歴1年未満のエンジニアが全体の27.9%を占めた。50歳からキャリアチェンジするエンジニアが増えているという。

 レバテックが運営するITエンジニアやクリエイターの専門エージェント「レバテックフリーランス」と契約している50歳以上のエンジニアのフリーランス経験年数を見ると、フリーランス歴10年以上は26.5%、1〜10年は45.6%、1年未満は27.9%だった。フリーランス歴1年未満のエンジニアの割合が10年以上と同じ程度であることから、50代からフリーに転身する人がある程度存在することが分かる。

画像 レバテックフリーランスと契約中のフリーランスエンジニア(50歳以上)の経験年数(出典:レバレジーズ

 フリーランスになったきっかけは「ワークライフバランス実現のため」や「収入を増やすため」「スキルや経験値を上げるため」といった回答があった。フリーランスになって良かったことは「仕事を選択できる」「人間関係によるストレスが軽減した」「理想のワークライフバランスが実現できた」との声が上がった。ただし、「今後の収入」や「社会保障」については、フリーランスとして働く上で不安を感じると答えた。

50代以上のフリーランスエンジニアが備えるスキルは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。