ニュース
» 2019年07月11日 17時00分 公開

これはネタバレ? それとも違う?:書籍や番組のレビューに含まれる「ネタバレ」をAIで検出? カリフォルニア大

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、書籍やテレビ番組のオンラインレビュー投稿の中から“ネタバレ”を検出し、フラグを付けるAIベースのシステム「SpoilerNet」を開発した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、書籍やテレビ番組のオンラインレビュー投稿の中から“ネタバレ”を検出し、フラグを付けるAI(人工知能)ベースのシステム「SpoilerNet」を開発、論文を発表した(SpoilerNetは、「ネタバレネット」の意)。Amazon.comに所属する研究者も参加した。

もうネタバレを見たくない

 カリフォルニア大学サンディエゴ校のコンピュータ科学教授で、論文の著者の一人でもあるNdapa Nakashole氏は次のように述べている。

 「ネタバレはインターネットのあらゆる場所に広がり、SNSでも非常にありふれている。私たちはネタバレから受ける苦痛を理解しており、それがいかに自分の体験を台無しにするかを理解している」

 一部のWebサイトでは、自分の投稿に対して「ネタバレあり」を示すタグを手動で付けられるようにしている。だがそのようなサイトでもタグを付けない投稿者は少なくない。さらに、そもそもそのような仕組みがないWebサイトも多い。

 そこで研究チームは、ネタバレの投稿を自動的に検出できるニューラルネットワークベースのAIシステム開発に乗り出した。レビューの投稿ごとにネタバレが含まれている確率を示すシステムだ。

SpoilerNetのアーキテクチャ(出典:カリフォルニア大学

 開発に当たって「人々がネタバレ投稿をどのように書くのか」「どのような言語パターンや内容があれば、投稿がネタバレになるのか」を理論的に理解し、AIシステムに学習させる必要があったという。

ネタバレデータがない――では作ろう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。