連載
» 2019年07月11日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Windows 10】素早くWindows Updateを開けるようにする

Windows 10では、Windows Updateを手動で実行するためには、[Windowsの設定]アプリを起動し、[更新とセキュリティ]−[Windows Update]とたどらなければならず、少々面倒だ。そこで、素早くWindows Updateを起動する方法を紹介しよう。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Windows 10


 更新プログラムの有無を手動で確認したり、適用したりしたい場合、[Windowsの設定]アプリを起動して[更新とセキュリティ]をクリックし、[更新とセキュリティ]画面の[Windows Update]を開く必要がある。

 Windows 7では、[スタート]メニューの[すべてのプログラム]をクリックすると、メニューの上部に「Windows Update」が表示され、簡単に起動できた。これと比べると、Windows 10ではWindows Updateの起動が少々面倒になっている。

Windows 7の[スタート]メニュー Windows 7の[スタート]メニュー
Windows 7の[スタート]メニューには[すべてのプログラム]に[Windows Update]が登録されており、簡単に起動できる。

 Windows Updateを[スタート]メニューにピン留めして、素早く開く方法を紹介しよう。

[Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする

 まず[スタート]メニューの[歯車(設定)]アイコンをクリックするか、[Windows]+[I]キーで、[Windowsの設定]アプリを起動する。次に[更新とセキュリティ]をクリックし、[更新とセキュリティ]画面を開く。[更新とセキュリティ]画面の左ペインにある[Windows Update]を右クリックすると、[スタートにピン留めする]が表示されるので、これをクリックする。

 これで[スタート]メニューに[Windows Update]のタイルが登録される。このタイルをクリックすれば、[Windows Update]画面が開いた状態で[Windowsの設定]アプリが起動する。

[Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(1) [Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(1)
Windows 10の[スタート]メニューには、[Windows Update]が登録されておらず、[歯車(設定)]アイコンからたどらなければならない。
[Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(2) [Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(2)
[Windowsの設定]−[更新とセキュリティ]画面を開き、左ペインの[Windows Update]を右クリックする。[スタートにピン留めする]が現れるので、これをクリックする。
[Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(3) [Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(3)
[このタイルをスタートにピン留めしますか?]ダイアログが表示されるので、[はい]ボタンをクリックする。
[Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(4) [Windowsの設定]の項目をタイルにピン留めする(4)
[スタート]メニューに[Windows Update]のタイルが登録される。このタイルをクリックすると、[Windows Update]画面を開いた状態で[Windowsの設定]アプリが起動する。

 なお、[Windowsの設定]アプリの各項目(画面のトップ項目と、各画面の左ペインにある項目)は、同じ方法で[スタート]メニューにタイルとしてピン留め可能だ。よく開く設定項目をタイルとしてピン留めしておくとよいだろう。

[Windows Update]画面を開くショートカットを作成する

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。