ニュース
» 2019年07月11日 08時00分 公開

調査対象の8カ国のうち51%が被害に:「日本は実際の被害は少ないが、危機意識は諸外国より高い」 F-Secure意識調査

F-Secureの個人情報保護に関する意識調査によると、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は51%、自分がサイバー犯罪などの被害に遭うのではないかと感じていると回答した割合は71%だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 F-Secure(以下、エフセキュア)は2019年7月10日、9カ国で実施した個人情報保護に関する意識調査の結果を発表した。それによると、回答者の51%が、家族の誰かが何らかサイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した。

 まず、被害に遭ったったサイバー脅威は、多いものから順に「マルウェア/ウイルス」(27%)、「カード詐欺」(18%)、「ショートメール詐欺/電話詐欺」(11%)など。この他には「ログイン情報の盗難」(10%)や「ランサムウェア」(6%)、「オンラインバンキングの不正アクセス」(5%)もあった。また「自分がサイバー犯罪やなりすましの被害に遭うのではないかと感じている」と回答した割合は71%、「自分の子どもも被害を受ける恐れがある」と回答した割合は73%だった。

画像 セキュリティインシデントの一般的な割合(出典:エフセキュア

 日本とその他8カ国を比べると、サイバー犯罪の被害を受けたことがあると回答した割合は、8カ国の51%に対して日本は41%と低かった。その一方で、自分がサイバー犯罪や、なりすましの被害を受ける危険性について「まあまあ高い」から「非常に高い」と感じている割合は、8カ国の70%に対して日本は77%と高かった。これらの結果についてエフセキュアは、日本では実際に被害を受けた人は少ないものの、被害を受ける可能性には高い意識を持っていると分析している。

「クラウドサービスを提供する企業の多くが標的にされている」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。