連載
» 2019年07月16日 05時00分 公開

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(4):6年間の大規模オンラインゲーム運用によるトイルをなくしたい――AWS移行でサムザップのSREはNoOpsを実現できたのか (2/2)

[高橋睦美,@IT]
前のページへ 1|2       

6年間の運用でたまったトイルをなくし、NoOpsを実現させたい

 3つ目の課題が「自動化しにくいシステム構成と環境」だ。

画像 サムザップの吉岡賢氏

 吉岡氏は自動化に向けた取り組みを次のように語った。「なぜ自動化したかったかというと、システム運用も6年目となると、人間がやるべきではない作業、いわゆる『トイル』がけっこうたまっていました。それをなくし、『NoOps』を実現するのが大きな目的でした」という。

 旧環境はGitHubといった外部サービスとの連携がしにくいクローズドな環境であり、その上「デプロイ対象管理」などに手作業が割り込んでいた。さらに分析基盤の運用も職人技で支えられている状況だった。このため吉岡氏らは「安定稼働のための改善に使う時間を確保する」目的から自動化に向けた取り組みを進めた。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。