ニュース
» 2019年07月16日 08時00分 公開

IoTがAIより上位に:今「稼げるテクノロジー」は何なのか CompTIAがテクノロジーランキングを発表

CompTIAのEmerging Technology Communityは「新興テクノロジーTop 10リスト 2019年版」を発表した。第1位はIoTで、2年連続だった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 非営利IT業界団体CompTIAのEmerging Technology Communityは2019年7月11日、「新興テクノロジーTop 10リスト 2019年版」を発表した。これは、IT企業といったテクノロジービジネスに従事している企業に向けた新興技術のランキングで、短期的なビジネスや経済的機会に応じてランク付けしたもの。

画像 新興テクノロジーTop 10リスト 2019年版のベスト3(出典:CompTIA

第1位はIoT

 第1位には2018年に続いてIoT(モノのインターネット)が入った。Emerging Technology Communityの調査によると、IoTは新しいビジネスと収益を最も生み出す新興技術だった。

 Emerging Technology Communityのリーダーシップグループのメンバーで、無線技術「Chargifi」の戦略的チャネルと事業開発に携わるFrank Raimondi氏は「控えめに表現してもIoTが圧倒的な影響力を持っていることは確かだ。IoTサービスが充実するということは、パートナーにとって、ますます新規事業が増えていくことを意味する」と述べている。

AIや5Gは2018年からランクアップ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。