ニュース
» 2019年07月16日 13時00分 公開

インフラをコードとして定義できる:「AWS Cloud Development Kit」をAWSが正式リリース、インフラとアプリを同時に管理

Amazon Web Services(AWS)は、オープンソースのソフトウェア開発フレームワーク「AWS Cloud Development Kit」(AWS CDK)の一般提供を開始した。YAMLやJSONを使ったインフラ管理と比較してさまざまなメリットがあるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年7月11日(米国時間)、TypeScriptとPythonに対応した「AWS Cloud Development Kit」(AWS CDK)の一般提供を開始したと発表した。AWS CDKは全てのリージョンで利用できる。AWS CDKの利用は無料だが、このツールでデプロイされるAWSリソースには料金がかかる。

 AWS CDKは、使い慣れたプログラミング言語でクラウドアプリケーションリソースのモデリングとプロビジョニングを実行できるオープンソースのソフトウェア開発フレームワーク。AWS CDKを使ってインフラをコードとして定義し、「AWS CloudFormation」でプロビジョニングできる。

AWS Cloud Development Kitを用いた開発の流れ(出典:AWS

 AWS CDKはAWSサービスと完全に統合されており、AWSリソースを命令として定義するための高レベルなオブジェクト指向の抽象化を提供する。

 開発者は、サポートされているプログラミング言語のいずれかを使って、「コンストラクト」と呼ばれる再利用可能なクラウドコンポーネントを定義し、コンストラクトを組み合わせて「スタック」や「アプリケーション」を作成できる。

従来の方式と比べたAWS CDKのメリットは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。