連載
» 2019年07月17日 05時00分 公開

Google Chrome完全ガイド:【Chrome拡張】不要なサイトをブラックリストに入れて検索結果からブロックする

Google検索でよくヒットするサイトの中に、ほとんど参照しないものが含まれていませんか? Google Chromeの拡張機能でそうした「不要な」サイトをブラックリスト化し、検索結果から除去する(ブロックする)方法を紹介します。

[島田広道,デジタルアドバンテージ]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Google Chrome完全ガイド」のインデックス

連載目次

Google検索結果の上位に、参照したくないサイトがいつも現れる

 GoogleのWeb検索結果ページには、自分が必要とする情報がほとんど含まれていないサイトが表示されることがよくあります。サイトによっては、検索キーワードに関係なく、よく上位にヒットするものの参照することがほぼない、あるいは参照したくない、などということもあります。

 例えば業務のために確度の高い一次情報をWebで探している最中に、伝聞がほとんどの掲示板の投稿記事ばかりが上位にヒットしたら、それらは省きたくなるというのが人情です。

 また、フリーソフトウェアを探していると、同時に削除しにくい広告配信ソフトウェアもインストールしてしまうような海外のサイトが、上位にヒットすることがよくあります。こうしたサイトからフリーソフトウェアをダウンロードしてしまうと大変なことになります。こうしたサイトにうっかり引っ掛からないためには、事前に検索にヒットしないようにしておくのが安全です。

 そこで本稿ではデスクトップ版Google Chrome(以下、Chromeと略)を対象として、その拡張機能の1つ「uBlacklist」を利用して、不要なサイトをブラックリストに入れることでGoogle検索結果から取り除く(ブロックする)方法を説明します。

 以下では、「ブロックする」とはGoogle検索結果に対象サイトが表示されないようにすることを指します。対象サイト内のページ表示そのものはブロックされません(URLを指定すれば該当ページを開くことは可能です)。Webサイトのブロックツールとは異なりますので、混同しないように注意してください。

uBlacklistについて

 iorate(あいおーれーと)氏による「uBlacklist」は、GitHubでプログラムのソースコードが公開されています。

 またChromeの拡張機能だけではなく、Mozilla Firefoxのアドオンも提供されています。


uBlacklistをインストールする

 uBlacklistを利用するには、まず以下のChromeウェブストア内の配布ページをChromeで開き、[Chromeに追加]ボタンをクリックします。

 ダイアログが表示されたら、この拡張機能が必要とする権限を確認してから、[拡張機能を追加]ボタンをクリックします。

拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(1/3) 拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(1/3)
拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(2/3) 拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(2/3)
拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(3/3) 拡張機能「uBlacklist」をChromeにインストールする(3/3)

 するとChromeのウィンドウ右上のツールバーにuBlacklistのアイコンが追加されるはずです。これでインストールは完了です。

ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する

 uBlacklistのインストール後、ChromeでGoogle検索を実行すると、検索にヒットした各エントリに[このサイトをブロックする]というリンクが表示されるようになります。これをクリックすれば、そのサイト全体をGoogle検索結果から取り除けます。

ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(1/3) ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(1/3)
ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(2/3) ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(2/3)
ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(3/3) ブロックしたいサイトをGoogle検索結果ページで指定する(3/3)

 上記の例では、「example.jp」というドメイン名のサイト全体がブロックされます。httpでもhttpsでもブロックされますし、またどのパスにあるページでもブロックされます。

 その一方で「www.example.jp」や「example.com」のように、ドメイン名が少しでも異なるサイトはブロックされません。

開いているページ(サイト)をブロックする

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。