ニュース
» 2019年07月24日 08時00分 公開

データエコシステム市場はブルーオーシャン:IoT市場には「データエコシステム」の形成が必要 IDC調査結果

IDC Japanは、IoTが生み出す価値を最大化するには「データエコシステム」の形成が必要だと主張する。IoTを活用したビジネス競争が激化する一方、外部データを活用して新市場を創造する「データエコシステム」の世界にはまだ競合相手が存在しないと見ている。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 IDC Japanは2019年7月22日、国内IoT関連企業の「データエコシステム」に対する取り組み状況の調査結果を発表した。同社は、IoT(モノのインターネット)が生み出す価値を最大化するには、企業が所有するデータと、企業外部のデータを可能な限り組み合わせて活用するデータエコシステムの形成が必要だと指摘する。

 同社の調査によるとIoT機器市場は高い成長が見込まれる。具体的には、全世界のIoT機器の普及台数は2025年に416億台に達し、IoT機器が1年間で生成するデータ総量は同年に79.4兆GBに達する見込みだ。

画像 IoT機器インストールベース予測およびIoT機器の年間生成データ量予測(出典:IDC

 こうしたIoT機器市場では、さまざまなベンダーがIoT基盤を中心としたサービスを提供している。ただ、IoTで共通的に使われる汎用(はんよう)機能はどのベンダーも標準実装しつつある。「機能のみでサービスを特徴付けることが難しくなってきている」とIDCはいう。そのためベンダーは、用途特化型IoTサービスと「共創を支える人材や組織変革」という2つの領域での取り組みを強化している。

データエコシステムが必要な理由は「データの流通」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。