連載
» 2019年07月26日 05時00分 公開

Tech TIPS:【Excel】今日の日付や現在時刻をショートカットで素早く入力する

さまざまな記録を行う際に、Excelで日付や時刻を入力しなければならないことも多いのではないだろうか。毎回、日付や時刻を手動で入力するのは手間だ。キーボードショートカットを使って、一発で入力しよう。

[塩田紳二,著]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象:Excel 2010/2013/2016


 アルバイトの出退勤時刻や研究などのログといった記録を行うのに、「Microsoft Excel」を利用している人も多いのではないだろうか。このとき、日時などを毎回セルに記録しているはずだ。だが、今日の日付や現在の時刻を手入力するのは少し面倒だ。

 だからといって、「Now()」などの関数では、シートを開くたびにその時点の日時となるため、記録用途には利用できない。

 マクロを組めば、自動的に日付や時刻を入力することは不可能ではない。しかし、マクロを自作する必要があること、マクロを含むブックはウイルス対策ソフトウェアなどによってブロックされる可能性があり、配布が面倒だ。

 そこで本稿では、関数やマクロを使わずに、今日の日付や現在時刻を簡単に入力できる方法を幾つか紹介する。

MS-IMEで「今日」を変換すれば日付を入力できる

 実は、Windows 10の日本語入力システム(IME)で「きょう」(「今日」の意)と入力して変換することで、今日の日付は入力可能だ。詳しくは、Tech TIPS「MS-IMEで、『今日』や『明日』『今』などの日付や時刻を素早く入力する」「Windowsで『今日』『去年』などの日付(年月日)を素早く入力する」を参照していただきたい。

Microsoft IMEで今日の日付を入力する Microsoft IMEで今日の日付を入力する
Microsoft IMEで「きょう」と入力すると、今日の日付が候補として表示される。それを選択すれば、今日の日付の入力が可能だ。

キーボードショートカットを使って日時を入力する

 しかし、毎回Microsoft IMEを起動し、「kyou(きょう)」と入力して変換するのは少々面倒だ。そこで、Excelのキーボードショートカットを使うと、日時の入力が一発で行える。

入力したい項目 ショートカットキー
今日の日付 [Ctrl]+[;]キー(セミコロン)
現在時間 [Ctrl]+[:]キー(コロン)
日付や時刻を入力するショートカットキー

Excelでキーボードショートカットを使って日付や時刻を記録する Excelでキーボードショートカットを使って日付や時刻を記録する
Excelを使ってログのような記録を行う場合、今日の日付や現在時刻を入力する場合、[Ctrl]+[;](セミコロン。日付)キー、[Ctrl]+[:](コロン。時刻)キーを使うとワンストロークで入力が完了する。

日付の表示形式

 日付の場合の入力文字列は、「yyyy/m/d」という形式の文字列が入力される。西暦は4桁で「月」「日」は、それぞれ1桁でも前に「0(ゼロ)」が付かない形式である。例えば、「2020年1月1日」であれば、「2020/1/1」という文字列が値として入力される。

日付を入力する 日付を入力する
[Ctrl]+[;]キーでは今日の日付を「yyyy/m/d」の形式で入力する。他の形式で表示させたい場合には、「セルの書式設定」で日付の書式を指定する。

時刻の表示形式

 時刻の場合の入力文字列は、「h:m:00」という形式で「時」「分」ともに1桁の場合に前に「0(ゼロ)」が付かない形式で、区切りは「:(コロン)」である。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。