ニュース
» 2019年07月26日 08時00分 公開

「ゲーミフィケーション」の悪影響を防止:学習者が「自分で課題を組み立てる」新しい学習支援システム いろはソフトが無償提供

いろはソフトは自律型学習支援システム「iroha Compass」を無償で提供する。教師主体の教材配信型である既存のeラーニングシステムと異なり、iroha Compassは学習者が主体の新しい形態で、アクティブラーニングや研究活動などに活用できる。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 いろはソフトは2019年7月25日、自律学習支援システム「iroha Compass」を提供開始すると発表した。オープンソースで提供され、全ての機能を無償で利用できる。

 同社では、教師主体の教材配信型である既存のeラーニングシステムと異なり、iroha Compassは学習者が主体の新しい形態で、アクティブラーニングや研究活動などに活用できるとしている。既存のeラーニングシステムは、学習者に知識を伝達するプロセス(講義)と、理解度を確認するプロセス(テスト)を支援するシステムは充実しているものの、「学習者自らが学習課題を設定する」といった学習パラダイムに基づいた自律学習支援型のシステムは少ないという。

画像 一般的なeラーニングシステムとの比較(出典:いろはソフト

学習者のモチベーションを上げるのは進捗の積み重ね

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。