連載
» 2019年07月30日 05時00分 公開

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(86):「Docker Enterprise 3.0」リリース、WindowsベースならWindows Server 2019がお勧め

2019年7月22日(米国時間)、企業向けDockerエンジンの最新バージョン「Docker Enterprise 3.0」がリリースされました。Docker Enterpriseは主要なLinuxディストリビューションおよび「Windows Server 2016」以降でサポートされるコンテナホストの最新のエンジン(サービスおよびAPI)です。

[山市良,テクニカルライター]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

「Microsoft Azure最新機能フォローアップ」のインデックス

Microsoft Azure最新機能フォローアップ

Docker Enterprise 3.0(Docker Engine 19.03.0)がリリース

 企業向けDockerエンジンの最新バージョン「Docker Enterprise 3.0」がリリースされました(画面1)。Docker Enterprise 3.0のリリースのアナウンスとリリースノートは、以下のURLで確認することができます。

画面1 画面1 Docker Enterprise 2.1(Docker Engine 18.09.8)からDocker Enterprise 3.0(Docker Engine 19.03.0)へのアップデート

 Dockerのエンジンおよび名称は、2018年末に大きな変更がありました。2018年12月のDocker Engine 18.09のリリースから「Docker Enterprise Edition(Docker EE)」と、コミュニティー向け「Docker Community Edition(Docker CE)」のエンジンがそろえられ、名称が「Docker Enterprise 2.1」(旧Docker EE)と「Docker Desktop」(旧Docker CE)に変更されました。

 Docker Desktop for Windowsの安定版(Stable)の最新バージョンは2019年2月リリースの2.0.0.3(Docker Engine 18.09.2)です。

 Microsoft Azureには「Web App for Containers」「Azure Container Instances(ACI)」「Azure Kubernetes Service(AKS)」といったDocker技術に対応したサービスが用意されています。AzureのIaaS上に、LinuxやWindowsベースのコンテナホストやクラスタを仮想マシンとして展開し、実行することも可能です。

 現在はLinuxベースのコンテナのための利用が中心ですが、本連載第76回で紹介したように、Windows Server 2016や「Windows Server 2019」、Windowsコンテナへの対応が進んでおり、プレビュー機能として利用可能になっています。

 今回のDocker Enterprise 3.0のリリースでは、今後、オンプレミスやAzureでコンテナ技術を利用しようと検討している方にとっては重要な変更点があります。

Windows Server 2016は非推奨に、次期バージョンではサポート終了

 Windows Serverにおけるコンテナ技術の実装は、Windows Server 2016からになります。Windows Serverはサーバの機能である「Containers」を提供し、Docker Enterprise(旧Docker EE)がエンジンやAPIを提供します。Docker Enterprise 3.0では、コンテナホストとしてのWindows Server 2016の使用が“非推奨”になりました。

 Docker Enterprise 3.0はWindows Server 2016でも動作しますが、overlay(オーバレイ)ネットワークが使用できないという制限があります。そして、次のDocker Enterprise 3.1において、Windows Server 2016はコンテナホストとしてサポートされなくなる予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。