ニュース
» 2019年07月29日 10時30分 公開

テストエクスプローラーなどが進化:Microsoft、「Visual Studio 2019 バージョン16.2」の一般提供を開始

Microsoftは2019年4月初めにリリースした「Visual Studio 2019」のマイナーアップデート版「Visual Studio 2019 バージョン16.2」の一般提供を開始した。テストエクスプローラーを改善した他、.NET開発者向けの機能を拡充した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年7月24日(米国時間)、統合開発環境(IDE)の最新版「Visual Studio 2019 バージョン16.2」の一般提供を開始した。併せて、同16.3のPreview 1を公開している。

 Visual Studio 2019 バージョン16.2の主な機能強化点は次の通り。

テストエクスプローラーのUIを改善

 「テストエクスプローラー」では、幾つかのUIを改善した。大規模テストセットの処理を改善した他、フィルタリングを実行しやすくした。コマンドを見つけやすくなり、プレイリストが複数のタブで表示可能になった。カラムのカスタマイズにより、テスト情報の表示を微調整できるようになった。

テストエクスプローラーの画面(出典:Microsoft

.NET開発者の生産性を高める

 新しい「Microsoft Edge Insider」ブラウザでJavaScriptをデバッグできるようになった。このブラウザはVisual StudioのASP.NETとASP.NET Coreプロジェクト向けのものだ。

 この機能を使うには、Edge Insiderブラウザをインストールし、JavaScriptアプリケーションにブレークポイントを設定後、デバッグセッションを開始すればよい。

 .NET開発者の生産性向上につながる各種の機能改良も加わった。例えば、usingの並べ替えコマンドを、usingの削除コマンドと分離し、[編集]−[IntelliSense]メニューから使えるようにした。この他、switchステートメントをswitch式に変換できるようになった。さらにクイックアクションメニューから変数のパラメーターを生成できるようになった。

 Webアプリケーションでリアルタイムコミュニケーションを実行する際には、「Azure SignalR」サービスを作成、構成する作業が快適に行えるようになった。

C++関連も機能強化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。