ニュース
» 2019年07月30日 17時00分 公開

コンパイル時間を比較:Rustコンパイラが「高速化」、Mozillaが比較データを公開

Mozillaは現在に至るまでRustコンパイラが順調に高速化していることを明らかにした。2019年の年初や2017年11月といった過去の時点のコンパイル時間と現在の性能を比較した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 オープンソースのシステムプログラミング言語「Rust」プロジェクトを支援するMozillaは2019年7月25日(米国時間)、Rustコンパイラが順調に高速化していることを明らかにした。Mozillaに所属する技術者Nicholas Nethercote氏が、Mozilla Blogで数値を公開している。

 現在のRustコンパイラがコンパイルに必要とする時間を、2019年初頭の版や2017年11月の版と比較した結果だ。

 Rustのロードマップでは、2019年の重要テーマは「成熟」となっている。このテーマにはさまざまなトピックが含まれる。中でも極めて重要なトピックの一つがコンパイル時間だという。

2019年1月と比較すると99%のテストでコンパイル速度が向上

 Mozillaは、Rustのパフォーマンス追跡に使われる標準的なベンチマークプログラムのコンパイル時間を公開した。2019年1月1日と2019年7月24日(直近のデータの日付)で比較した結果を変化率で示したものだ。

2019年7月26日版と同1月1日版のコンパイラの性能を比較した(クリックで全体を表示、出典:Mozilla

 この図は何を意味しているのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。