ニュース
» 2019年07月31日 19時00分 公開

IoTの脅威分析と保護に役立つ:Microsoft、「Azure Security Center for IoT」の一般提供を開始

Microsoftは、包括的なIoTセキュリティ対策に利用できる「Azure Security Center for IoT」の一般提供を開始した。IoTセンサーやエッジはもちろん、IoTにつながる企業内のストレージに至るまで保護できるという。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年7月29日(米国時間)、有償サービス「Azure Security Center for IoT(ASC for IoT)」の一般提供を開始したと発表した。

 ASC for IoTを使用すれば、新たな脅威を特定し、それに対応するとともに、構成上の不備を発見し、それを悪用した侵害を防ぐことで、IoT環境を包括的に保護できるとしている。

 IoT環境は複雑であり、攻撃者が悪用できる統合エラーが発生しやすい。こうした理由から、セキュリティの確保が難しい。

 だが、ASC for IoTは、Microsoftがセキュリティを考慮して設計したIoTサービスをベースにしており、Microsoftデバイスとサードパーティーデバイスを含むIoT環境全体のセキュリティを確保するよう設計された脅威保護機能とセキュリティ対策管理機能を提供する。

Azure Security Center for IoTの「Overview(概要)」タブ(出典:Microsoft

センサーやエッジはもちろんIoTにつながるストレージやAIワークロードも保護

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。