ニュース
» 2019年08月01日 08時00分 公開

データ転送料は無料、DR対策に有効:保存容量は無制限 「IIJオブジェクトストレージサービス」が東日本リージョンでも提供開始

IIJは「IIJオブジェクトストレージサービス」を従来の西日本リージョンに加え、東日本リージョンでも提供する。DR(ディザスタリカバリー)対策などに使えるようになった。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年7月31日、同社のクラウドサービス「IIJオブジェクトストレージサービス」の機能を拡張したと発表した。これまでの西日本リージョンに加え、同日から東日本リージョンでも提供する。

 IIJオブジェクトストレージサービスは、Amazon S3との互換性を備えるREST APIに対応したオブジェクトストレージ。今回、西日本リージョンと東日本リージョンの両方で利用可能としたことで、データを物理的に離れた2つの場所に保存してDR(ディザスタリカバリー)対策などに使えるようになった。IIJのバックボーン上に顧客の専用のプライベートネットワークを構築する「IIJプライベートバックボーンサービス」を利用することで、閉域接続も可能だ。

画像 IIJオブジェクトストレージサービスの概要図(出展:IIJ

データ保存量に対する従量課金

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。