ニュース
» 2019年08月02日 13時50分 公開

ワンクリックでAzureにデプロイもできる:Microsoftの全コードサンプルを閲覧できるポータルサイトが開設

Microsoftは、同社の全コードサンプルを閲覧できるポータルサイト「docs.microsoft.com/samples」(Browse code samples)を開設した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Microsoftは2019年7月29日(米国時間)、同社の全コードサンプルを閲覧できるポータルサイト「docs.microsoft.com/samples」の開設を発表した。開発者がどのMicrosoft製品やサービスを使用するかにかかわらず、作業を始めるのに役立つコードサンプルを簡単に見つけられるようにする狙いだ。

画像 「docs.microsoft.com/samples」でコードサンプルを閲覧(出典:Browse code samples

 7月29日から、開発者はdocs.microsoft.com/samples(「Browse code samples」というタイトルが冠されている)で、自分のワークフローに関連する最新のコードサンプルを検索できるようになった。Microsoftによると、このサイトで提供されるコードサンプルは、全てGitHubでホストされているという。コードサンプルを実行してバグが見つかったら、サンプルのGitHubリポジトリでイシュー(課題管理)に投稿すれば、コードを管理するチームが目を通すとしている。

 docs.microsoft.com/samplesは、以下のようなさまざまな機能を提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。