ニュース
» 2019年08月05日 08時00分 公開

路線検索履歴や時間帯別降車人数データを活用:「今日は試合があるので17時から混雑」 西武鉄道とヤフーがAIによる混雑予測

西武鉄道とヤフーは、AI(人工知能)によって駅の混雑レベルを予測する実証実験を実施する。乗換検索サービスの検索履歴や駅の「時間帯別降車人数データ」といったビッグデータを使って、駅ごとの混雑パターンを推定する。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 西武鉄道とヤフーは2019年8月1日「西武鉄道の駅の混雑予測をWebサイトで発信する」実証実験を実施すると発表した。混雑時の混雑緩和や快適性向上を目指す。実施期間は、同年8月19日から9月20日までの33日間。

 同実証実験は「Yahoo!乗換案内」などでの路線検索履歴や西武鉄道の駅の「時間帯別降車人数データ」といったビッグデータを利用する。路線検索履歴は個人が特定できないよう統計化した上で使用する。これらのビッグデータを、Yahoo! JAPAN研究所と東京工業大学の准教授である下坂正倫氏の研究チームが共同開発したAI(人工知能)によって解析し、駅ごとの混雑パターンを推定する。

画像 混雑状況の参照画面イメージ(出典:西武鉄道、ヤフー

まずは通勤利用客が多い池袋駅、西武新宿駅など5駅で実験

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。