ニュース
» 2019年08月05日 14時20分 公開

データフォーマット、データモデルなどに非依存:AWS、オープンソースのSQL互換クエリ言語「PartiQL」を発表

Amazon Web Services(AWS)は、データがどこに、どんなフォーマットで保存されているかにかかわらず、簡単かつ効率的にデータクエリを実行できるオープンソースのSQL互換クエリ言語「PartiQL」を発表した。

[@IT]

この記事は会員限定です。会員登録(無料)すると全てご覧いただけます。

 Amazon Web Services(AWS)は2019年8月1日(米国時間)、SQL互換のクエリ言語「PartiQL」を発表した。「データがどこに、どんなフォーマットで保存されているかにかかわらず、簡単かつ効率的にデータクエリを実行できる」としている。

 PartiQLを使えるクエリエンジンであれば、リレーショナルデータベースの構造化データ(トランザクション用と分析用の両方)、オープンデータフォーマット(「Amazon S3」データレイクなど)の半構造化データ、ネストされたデータ、カラムごとに属性が異なる「NoSQL」、ドキュメントデータベースのスキーマレスデータなどを使った処理が可能になる。

オープンソースとして公開

 AWSは、PartiQLのチュートリアル、仕様、レファレンス実装をApache License 2.0でオープンソースとして公開した。

画像 PartiQLクエリは、特定のデータベースタイプ、ベンダー、データフォーマット、データモデルに依存しない(出典:AWS

 PartiQLはオープンソースのため「開発者はアプリケーションでのPartiQLの構文解析や組み込みを簡単にできる」とAWSは述べている。PartiQLの実装は、ユーザーがPartiQLクエリを解析し、アプリケーションが分析して処理できる「抽象的な構文ツリー」の作成支援やPartiQLクエリの直接解釈をサポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。